Loading...

【12月行事食】クリスマスメニュー&年越し蕎麦・うどん


12月といえば一番に思い浮かぶのがクリスマス! 日本では恋人の日という印象が強いイベントですが、多くの国では家族で過ごす日本のお正月のような行事です。 いつもの食事により想いを込めて、 楽しめる行事食にしませんか?

クリスマスにピッタリな見た目も可愛いメニュー

・グラタン
・ブロッコリーツリー
寒い冬にぴったり、ホワイトソースのグラタンに、ブロッコリーのみどりが鮮やかなツリーサラダ!
ミニトマトでサンタを作ったらクリスマスメニューに早変わりです。
ミニトマトの間にはマッシュポテトがいいですね。
ブロッコリーツリーの土台にも使えます。
少し工夫を凝らすだけで簡単可愛いモチーフになるツリーやサンタクロース。
仕上げにパプリカの星を飾ればできあがりです!

新年に向けて運気を上げる年越しそば!


年末に忘れてはいけない年越しそば。江戸時代から続く日本の文化となっています。

概要

江戸時代には定着した日本の文化であり、ソバは他の麺類よりも切れやすいことから「今年一年の災厄を断ち切る」という意味で、大晦日の晩の年越し前に食べる(「#歴史と由来」を参照)蕎麦である(地域差もある。後述)。
2012年時点、大晦日に年越しそばを食べる人は57.6パーセントにのぼり、風習として深く定着していることが窺える[3]
日本各地に見られる文化であり、地域の特色の現れた様々な形式のそばが存在する。

ウィキペディアより

地域の特色についても記載がありましたのでご紹介いたします。

各地の年越し蕎麦と例外

日本では、一般的に年越しにあたり蕎麦を食べる「年越し蕎麦」が多いが、地方によって違いがある。また、地方によっては違う時期に蕎麦を食べて大晦日の夜は別の料理(など)を食べる事もある(年取り魚)。

  • 讃岐うどんの産地である香川県では「年越しうどん」を食べる家庭が多いが、四国学院大学の調査では年越し蕎麦の43%に対して、年越しうどんを食べる家庭は22%にとどまっている[12][13]

ウィキペディアより

香川県でも圧倒的に蕎麦を食べる家庭が多いのですね。
年越し蕎麦・うどんで一年の災厄を切って、気持ちの良い新年を迎えたいですね。
12月行事食のオススメ商材はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました