Loading...

お手頃・お手軽・満足「コロッケ」いかがですか?(5月6日「コロッケの日」)

お手軽!満足!「コロッケ」いかがですか?

5月6日は「コロッケの日」。

庶民の味方コロッケを◆春の行楽シーズンに家族で食べてもらいたいという願いと、◆「コロ(5・6)ッケ」の語呂合わせから、香川県三豊市の冷凍食品製造会社「味のちぬや」が制定、日本記念日協会が認定しました。

そもそもコロッケとは?

一般社団法人「日本コロッケ協会」によると、コロッケとは「主に」ゆでたジャガイモをつぶしたものを主体として、俵型・小判型に丸め、小麦粉・卵・パン粉を衣としてつけて多量のラード・食用油で揚げたもの

日本コロッケ協会の公式サイトでは、コロッケの定義・評価ポイント・歴史などを紹介しているほか「コロッケ診断」「コロッケ検定」なども実施しています。

くまぎし太郎
くまぎし太郎

コロッケ検定はコロッケについての見識を有し、おいしさを伝えることのできる人物を認定するもので、当くまぎしも検定に合格した“コロッケニスト”です!

コロッケは“三大洋食”!

コロッケは大正時代、とんかつ・カレーライスともに【三大洋食】と呼ばれました。

コロッケはフランスの揚げ物料理“クロケット”が由来とされていますが、クロケットはベシャメルソースが入っているものを指しているのに対して、当時、西洋料理店で出されていたコロッケは主にクリームコロッケでした。

コロッケといえば(日本人にとっては)ジャガイモコロッケが一般的ですが、フランスのクロケットにはジャガイモを入れたものはなく、文明開化によりジャガイモを使ったイギリスの料理も伝わったことから、日本オリジナルのジャガイモコロッケが誕生したようです。

今では、カボチャコロッケ・カニクリームコロッケ・サツマイモコロッケ・ライスコロッケなどさまざまな食材のコロッケを楽しむことができます。

町おこし・地域おこしとして、地元食材を使ったご当地コロッケもたくさんありますよね。

「KANTO EXPRESS」でもたくさんのコロッケの取り扱いがあります!

商品検索 KANTO EXPRESS
【】 KANTO EXPRESSは関東食糧とお取引のあるお客様がご利用いただける業務用注文サイトです。

年間消費額、最も少ない都道府県は意外に…

スーパー・コンビニなどの総菜コーナーには必ず並び、夕食のおかずとしても、小腹がすいたときのおやつとしても身近なコロッケ。カレーのトッピングとしても定番ですよね。

総務省統計局の「家計調査」(令和2年)によると、コロッケの年間消費額(冷凍コロッケを除く)が最も多い都道府県は福井県。次いで京都府、富山県、奈良県と続き…埼玉県は39位でした。

そして…意外なことに!ジャガイモ生産量1位の北海道は最下位47位。もしかしたらコロッケとして買うのではなく、ジャガイモを(農家として)作っていたり、もらったりしてコロッケを手作りする方が多いのかもしれません。

お肉屋さんでなぜコロッケ?

ところで…精肉店の店頭には必ずといっていいほど、コロッケがありますよね。

お肉屋さんのコロッケって、めっちゃおいしいですよね。コロッケ目当てにお肉屋さんを訪れる方もいるぐらいです。

なぜ、お肉屋さんでコロッケを販売しているのか?といえば…切れ端の肉・売れ残って通常なら廃棄される肉を有効活用している面もあるとのこと。

食材(肉)がムダにならない…まさにSDGs、コロッケはSDGsな食べ物!?

価格もお手頃・気持ちもお腹も満足するコロッケ。

ランチメニューの一品に、生ビールのお供に、トッピングなどにぜひいかがですか?

商品検索 KANTO EXPRESS
【】 KANTO EXPRESSは関東食糧とお取引のあるお客様がご利用いただける業務用注文サイトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました